フレキソ印刷

  • 基本的な印刷条件は、BOPPフィルム印刷と同様の条件に設定してください。
  • インキの選択はインキメーカーと相談してください。
  • 見当不良を防ぐため、テンションをできるだけ低く設定してください。
  • 紙面温度が80℃を越えないように設定し、ドライヤー直後にユポをできる限り室温近くまで冷却してください。
(1)水性フレキソ印刷
ドライヤー温度が高くユポにはおすすめしません。
(2)UVフレキソ印刷(ナローウェブ機)
インキ選定はインキメーカーにご相談し、事前テストで確認してください。
UVランプは低温型(赤外線カット方式)を使用してください。