トップメッセージ

時代のニーズを先取りし、新たな価値の創造により、社会の発展に貢献する。

平素より、私どもユポ・コーポレーションをお引き立ていただき、誠にありがとうございます。弊社は、1969年5月に王子製紙株式会社(現・王子ホールディング株式会社)と三菱油化株式会社(現・三菱ケミカル株式会社)の折半出資によって、「“パルプを原料にした一般紙”に代わる“夢の紙”」の開発を目的として設立されました。

昭和40年代当時、森林資源の消費の増加を背景に、一般紙の原料の大半を輸入に依存している日本では、一般紙を安価な石油から製造されるプラスチックに代替できれば、資源的・経済的なメリットが大きいと予測されていました。そこで国が音頭を取り、産業界でも多くの会社が企業化に向けて合成紙の研究に取り組み、合成樹脂加工技術の発展に伴い、紙に似た性質のフィルムを作るさまざまな試みがおこなわれました。これが合成紙の始まりです。合成紙は森林資源や水資源の保護に大いに貢献する期待の新素材であったのです。2度のオイルショックにより、「一般紙の代替」という当初の開発目的とは方向性が変化しましたが、紙やプラスチックにはできない分野で多くの商品を提供し、社会に貢献してまいりました。

私たちユポ・コーポレーションでは、創業以来、より高度化・多様化するお客様のニーズに対して、表面コート処理を必要としない独自の技術で合成紙を開発し、更にさまざまな機能を付与することで応えてまいりました。合成紙というニッチな市場におけるパイオニアであり、リーディングカンパニーとして、今後とも時代を先取りした新製品を開発・提供し、皆様にご満足いただける製品を提供し続ける会社を目指してまいります。

何卒、今後ともより一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長
藤原 英幸