トップコミットメント

私たちユポ・コーポレーションは常にチャレンジャーであり、社会の期待に応え、企業の社会的責任を全うする会社であり続けます。

ユポ・コーポレーションの企業理念には、「私たちだから創造できる価値を提供」し「人びとのよりよい暮らしを実現する」することが謳われています。

森林資源の保護を目的に「夢の紙」として開発された合成紙は単なる「紙の代替」から、紙の特性である印刷性・二次加工性・筆記性などに加え、合成樹脂の持つ物性を兼ねそなえる機能特性を持つ新しい素材として市場に受け入れられ、社会や文化の発展に寄与しています。

環境面からみると、弊社は創業以来、環境に配慮した製品を展開しており、循環型社会を目指す現代において、エコ企業の先兵ともいえると認識しています。ユポは、ライフサイクルアセスメント(LCA)では単位面積あたりのCO2排出量は紙とほぼ同等です。かつ可燃ごみとして熱回収時の灰分量もコート紙とほぼ同量で、熱量も高く良質な燃料として、重油や石炭の代替・軽減に大きく貢献しています。また、ポリプロピレンと無機充填剤を主原料とするユポは比重が軽く、分別や回収が容易であり、製造から廃棄に至るまで環境に優しい素材といえるでしょう。

私たちは、これまでのやり方に捉われず、さまざまな社会のニーズに果敢に挑戦・変革し、更なる成長を目指しています。

環境問題対策の動きが活発な中、創業より継続してきた環境問題への取り組みをより深化させる目的で2019年にユポグループの環境憲章を定めました。そこでは、SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)も踏まえながら、合成樹脂製品の環境キーワードである、リデュース、リユース、リサイクル、バイオマス、生分解のうち、重点アイテムとして、リサイクル、バイオマス、生分解につながる製品開発および省資・省エネの4つを、取り組みの柱としました。今後は、2019年に販売を開始した「ユポグリーン」(バイオマス樹脂配合ユポ)を手始めに、その他の取り組みも社会のニーズを踏まえながらグループ一丸で取り組んでまいります。

社会文化活動としては、ユポが画材や印刷物としてアートの分野でご評価いただいていることもあり、弊社はアーティストやデザイナーの方々への協力を積極的におこなっています。デザインを専攻する学生のアイデアを商品化するコンペティションなども国内外で実施しており、これからもさまざまなかたちでアート支援活動を取り組んでいく所存です。また、ユポを使用した理科授業や社会科授業なども実施しており、豊かな社会文化への発展に取り組んでいます。

「合成樹脂から紙を作る」という挑戦から始まった私たちユポ・コーポレーションのDNAには、創業より「挑戦すること」が刻まれています。これからも社会の期待に応え、挑戦し、企業の社会的責任を全うする会社であり続けます。

代表取締役社長
渡邉 真士