よくあるお問い合わせ

ユポの特徴に関するお問い合わせ

合成紙と普通の紙(一般紙)の違いは何ですか?

普通の紙(一般紙)は木材パルプを主原料として作られていますが、合成紙の多くは石油から作られた合成樹脂(プラスチック)を主原料として製造されています。そのため、合成紙はプラスチックフィルムに似た特性を持っていますが、外観は普通の紙と非常によく似ています。合成紙は、一般紙よりも耐水性(水に濡れても強度の低下や形状の変化はほとんどない)や耐久性(破れにくさ)に優れています。他にも、薬や油にも強く、さらには表面がとても滑らかです。

ユポ®とは何ですか? 

「ユポ」(その他にも「YUPO」「優泊」「优泊」とも表記します)は(株)ユポ・コーポレーションの登録商標であり、弊社で生産する合成紙全体にかかるブランド名です。
「YUPO」は弊社の親会社:三菱油化(現、三菱ケミカル株式会社)の「YU」と、王子製紙(現:王子ホールディングス)の「O」を紙(「P」aper)で繋げるというアイデアから命名されました。

  • ユポの名称を使用される際には商標についてを参照してください。

ユポの“臭い”について教えてください。

ユポはほとんど無臭の合成紙です。「ユポ用インキ」で油性オフセット印刷したユポの印刷物は刺激臭がありますが、これは植物油由来の「ユポ用インキ」に起因する臭いです。臭いが問題となる用途では、印刷面にPPまたはPETラミをおこなってください。

ユポの食品衛生性について教えてください。

ユポおよびアルファユポQJJグレードは厚生省告示第370号(昭和34年)「PH5以下の酸性食品」を除く各種食品(アルコール類、油脂類、その他一般食品など)への「器具・容器包装」に適合しています。

<注意>

  • 2次使用などで「PH5以下の食品」への使用の可能性がある場合は使用をお避けください。
  • ユポ加工品は食品用途の安全性が確認されておりませんので直接食品に触れる使い方をお避けください。

ただし、弊社製造工程自体はFSSC 22000に規定された衛生基準に合致しておりませんので、食品器具容器包装にユポをご使用される場合は印刷・加工段階で衛生対策を講じてください。

ユポの廃棄方法を教えてください。

ユポは焼却をしても有害物質を発生しませんが、ご家庭のゴミとして処分される場合は、各自治体のプラスチックの分類に従い処理してください。また、商業的廃棄については、産業廃棄物としての処理が必要となります。こちらも併せてご覧ください。

ユポの苦みについて

ユポおよびアルファユポをなめた場合に人によっては苦味を感じることがあります。これはユポの表面処理に使用した薬剤の持っている苦味ですが、前述のとおり、人体に対して安全無害です。 食品包装などで苦味の影響を防ぐためには、フィルムラミネートをおこなってください。

<注意>

ユポは食品ではありませんので絶対に食べたりなめたりしないでください。

ユポはリサイクルできますか?

できます。ユポの主原料であるポリプロピレンは「リサイクルの優等生」といわれており、さまざまなリサイクルが可能です。シャンプーボトルなどのラベルにご使用いただいた場合、ボトルとユポが同じポリオレフィン系樹脂でつくられていますので、ラベルを剥がすことなくそのままの状態で、リサイクルが可能です。これらを溶かして成形することにより、植木鉢や杭のような再生加工品として利用できます。

ユポはオフィスやコンビニのコピー機で使用できますか?

使用できません。ユポは一般的なコピー機(レーザープリンター)のように高温の状態にさらされると変形して思わぬトラブルを巻き起こします。ただし、プロダクション向けのレーザープリンターでは、対応可能な機種もあります。一度ご相談ください。

ユポの入手に関するお問い合わせ

ユポの見本はどこで手に入りますか?

サンプルについてはこちらからお問い合わせください。その他、少量での購入をご希望の方はインターネットショップ「Paper mall」をご利用ください。

学校(地域)のイベントでユポを使いたいのですが。

弊社では、可能な範囲において地域貢献を目的とした活動へ協力しております。各種イベントなどでユポのご使用をお考えの際には、こちらからご相談ください。

ユポはどこで買えますか?

弊社では直接販売はおこなっておりませんが、ご購入可能な流通を紹介いたしますので、お気軽にお問い合わせください。また、少量購入をお考えの場合には、インターネットショップ「Paper mall」をご利用ください。 またユポを使用したデザイナーズプロダクトについては、弊社運営ショップの「ユポマルシェ」よりご購入いただけます。

海外でユポは買えますか?

ご購入いただけます。現在、弊社では米国(バージニア州)と欧州(デュッセルドルフ)、中国、インド、タイにも拠点を持ち、グローバルな販売体制をとっています。入手ご希望の国などについてお問い合わせいただければ、該当する流通をご紹介しております。

ユポはどんな荷姿(サイズ)で販売されていますか?

ロール製品とシート製品の2つに大きく分けられます。シート製品は常備品と受注生産品がありますが、ロール製品は、基本的に受注生産となっておりますのでご注意ください。

ユポの印刷・加工に関するお問い合わせ

ユポを印刷・加工する際の留意点はありますか?

インキ・乾燥時間・事前の準備・スプレーパウダーなどご注意いただきたい事項があります。詳細は印刷についてのページをご覧ください。

ユポはインクジェットプリンターやレーザープリンターで使えますか?

インクジェットプリンタについては、ワイドフォーマットインクジェット専用グレードがあります。プリンターに応じてお選びください。レーザープリンターについては、多くの機種では高温になるためユポはおすすめできませんが、一部の機種(低温タイプ)では使用可能の場合もあります。一度、弊社までご相談ください。

ユポの印刷には特殊インキが必要ですか?

必要です。一部のグレード(スーパーユポ・OYコート)を除き、必ずユポ用インキをご使用ください。詳細は印刷についてのページをご覧ください。

ユポを加工する際の留意点はありますか?

断裁や折りについて、ご注意いただきたい事項があります。詳細は加工についてのページをご覧ください。

ユポを印刷・加工で使ってみたい。

ご興味を持ってくださり、ありがとうございます。ご不明点などございましたら、こちらからお問い合わせください。

照明機器のシェードとしてユポを勧められたのですが。

ユポは耐熱性が低い素材です。照明器具へご使用いただく場合、極力熱がこもらないような工夫が必要となります。一度こちらよりお問い合わせください。

その他

ユポに関する取材の申し込みはどこからできますか?

ご興味を持ってくださり、ありがとうございます。本社 総務部にて対応しております。代表電話(03-5281-0811)にお電話いただくか、お問い合わせフォームからご連絡ください。