環境・安全

ユポ・コーポレーションは、環境・安全を常に意識した企業活動をおこなっています。

環境への取り組み

環境にやさしい、合成紙ユポ。

木材(パルプ)由来の紙に代わる新時代の紙をめざして開発されたユポは、さまざまなかたちで環境保全や環境負荷の削減に貢献していきます。

森を守る

ユポの主原料はポリプロピレンと無機充填材です。
木材は使用していません。

エネルギー資源になる

使用済のユポは、ボイラー燃料となる固形燃料(RPF)などにリサイクルできます。

端材は再利用

製造過程で発生する断裁端材は、ユポの原料として再利用します。

温暖化対策に

製造時に排出されるCO2量は、紙とほぼ同じで、フィルムよりも少量です。

  • 天然紙とFGS 80を比較した場合
  • 単位面積当たり換算

空気を守る

有害重金属や蓄積性有害物質、オゾン層破壊物質など環境に負荷を与える化学物質は使用していません。

水を守る

紙は製造工程できれいな水を大量に使いますが、ユポは水をほとんど使いません。

ISO14001の認証を取得した工場で生産しています。

ISO14001は、企業活動によって生じる環境影響を継続的に改善していく「環境マネジメントシステム」の国際規格です。
当社の鹿島工場および開発研究所は2000年3月にこの認証を取得しており、環境方針に基づいて、省エネ・リサイクル・廃棄物削減、汚染・事故の予防に取り組むことで地域社会と地球環境に貢献しています。

ユポの破棄について

  • 一般家庭ゴミとして処分される場合は、お住まいの自治体のプラスチック分類に従い処理してください。
  • 事業所のゴミとして処理する場合は産業廃棄物として処理してください。

製品環境安全

製品安全性の維持・管理

ユポ・コーポレーションでは、さまざまな製品を開発・上市しています。特に、新製品開発においては、新規原材料の使用が不可欠な場合が多々あります。新規原材料採用時には、種々の法規制を対象とした社内自主基準について、規制化学物質含有状況のメーカー調査を実施し、社内自主基準に適合した原材料を使用することにより、製品安全性を確保しています。

さらに、各種規制改正により規制対象化学物質が増加する中、製品の規制適合性の状況も規制改正により変化することが考えられます。ユポ・コーポレーションでは、規制改正の動向把握に努め、規制対象化学物質が変更が明らかになった場合には、改正後の規制に対する製品の適合状況を確認し、必要に応じて対策をおこなうことにより、製品安全性の維持・管理を図っています。

製品含有化学物質の情報伝達

環境は国際的な問題であり、環境意識の高まりに伴い、製品の環境対応は品質・コストと並び製品に要求されるアイテムの一つとなっています。世界中で規制が強化され、規制対象化学物質が増加している中、お客様に製品を適正・安全に使用していただくためには、製品含有規制対象化学物質の情報伝達が非常に重要となっています。ユポ・コーポレーションでは、お客様からの製品含有化学物質をはじめとしたさまざまな製品環境安全に関する問い合わせに対して、調査・回答をおこなっています。

製品安全情報シート(Article Information Sheet:AIS)の提供

ユポ・コーポレーションでは、2013年から主要製品のAISをWEBサイト上に公開しています。これからもお客様へのサービス向上のため、製品安全性に関する情報を発信していきます。

AISのダウンロードはこちらから

環境・安全活動に関するお問い合わせはこちら

ご不明点などございましたら、下記よりお問い合わせください。