• 製品情報

新製品 スーパーユポダブル「FRBW」を9月1日より販売開始

~紙用油性インキで両面印刷可能な画期的な合成紙が登場!~

2020年8月24日

株式会社ユポ・コーポレーション(代表取締役社長 渡邉 真士、本社:東京都千代田区神田駿河台、以下「当社」)は、2020年9月1日より、合成紙ユポ(以下「ユポ」)の新製品として、紙用油性インキで両面印刷が可能となった油性オフセット印刷用グレード「スーパーユポダブル」(型番:FRBW)を販売します。

「スーパーユポダブル」は、ユポの持つ優れた耐久性、耐水性、印刷再現性といった基本特性をそのままに、専用の合成紙用インキを使用せずとも、紙用油性インキで両面印刷できる画期的な合成紙です。また、本製品はバイオマス樹脂を一部配合したユポグリーンシリーズであり、CO2排出量削減にも貢献できます。

※パンフレット画像
※画像はイメージです

背景

日本国内におけるオフセット印刷方式の多くは油性インキを使用しているといわれており、当社では、創業当初より「油性オフセット機で印刷できる合成紙の実現」を夢に研究開発を続けてまいりました。

ユポの主原料である合成樹脂が油性インキに含まれる溶剤に影響をうける問題から、従来ユポの印刷には酸化重合型の「合成紙用インキ」が必要とされてきました。そのため2002年に片面限定で紙用油性インキが使用できる「スーパーユポ」を開発そして販売開始し、屋外ポスター用途などで大変ご好評いただいています。ただし両面印刷においては表面の絵柄が裏面にうつる等の問題が生じ、必ずしもユポが持つ優れた印刷再現性を十分に発揮できませんでした。

新製品の「スーパーユポダブル」では、インキの浸透に関する新技術をもちいることで絵柄の裏うつり等を低減。紙用油性インキでもきれいに両面印刷することがユポ史上初めて可能となりました。これにより、合成紙用インキを購入するコストや、インキを交換する手間を削減。労働人口の減少により、少ない人員で高い生産性が求められるなか、現状の印刷機器・材料のまま、ユポを両面で印刷できるようになりました。

当社は、本製品を「紙用インキを用いてオフセット印刷機で表裏印刷できる“水に強く破れにくいプリントメディア”」として、一般的な紙が使用される様々な用途に展開。2024年度の販売目標を800トンと定め、「紙よりもっとできること」を提供し、創業から続く、印刷産業の発展・高付加価値化に広く貢献し続けてまいります。

新製品:スーパーユポダブル 型番:FRBWについて

合成紙用インキを使用せず、紙用の油性インキで両面印刷ができる、速乾性に優れた合成紙ユポです。

製品特長

  1. 1.紙用の油性インキで両面印刷が可能

    従来のスーパーユポと同様に紙用油性インキで印刷ができ、合成紙用インキへ交換する必要がありません。

  2. 2.優れたインキ速乾性

    従来のスーパーユポと同様の速乾性があり印刷物の納期短縮が可能です。
    乾燥時間は、合成紙用インキを使用する両面印刷の従来品(ウルトラユポ)と比較し、約4割短縮できます。(ウルトラユポ:5~7時間、スーパーユポダブル:3~4時間)

    • 印刷条件によって変動します。
  3. 3.ユポならではのシャープな印刷品質

    印刷再現性はコート紙とほぼ同等です。

  4. 4.CO2排出量に削減できるバイオマス由来樹脂を配合

    温室効果ガス(CO2)の排出量を削減できるバイオマス由来樹脂を一部配合したユポグリーンシリーズです。
    主原料である化石燃料由来樹脂の一部を、植物由来のバイオマス樹脂に代替しています。

想定用途

110µm~300µmの厚みで、紙が使用されているあらゆる用途を想定

※画像はイメージです
kaisersosa67/Teenager girl with Compass Reading a Map in the forest/gettyimages
※画像はイメージです
※画像はイメージです
※画像はイメージです

製品概要

製品名 ユポグリーン®シリーズ スーパーユポダブル
型番 FRBW 110、130、150、200、250、300
厚み 110μm 130μm 150μm 200μm 250μm 300μm
製品特徴 ・紙用の油性インキで平版オフセット印刷機にて両面印刷が可能な合成紙ユポ。
・乾燥性に優れ、短納期対応が可能。
印刷方式 油性オフセット印刷(紙用油性インキ)に対応
製品用途 110µm~300µmの厚みで、紙が使用されているあらゆる用途を想定
在庫 A判、菊判、四六判、四六半裁判など
テストサンプル 「菊判サイズ」にて準備しています。テストサンプルをご要望の場合はお問い合わせください。
販売開始 2020年9月1日(火)
販売目標 2024年度800トン
備考 スーパーユポ®(FRB)及びOYコート(VAFW)に関しては在庫がなくなり次第、スーパーユポダブルへ統合の予定です。

本件に関するお問い合わせ

ユポ・コーポレーション

本社 営業本部(東京)

西日本支社(大阪)

西日本支社 名古屋営業所(名古屋)

西日本支社 福岡営業所(福岡)

  • 「ユポ」「スーパーユポ」「ウルトラユポ」「ユポグリーン」は株式会社ユポ・コーポレーションの登録商標です。