ユポ・コーポレーション
English 中国語
企業情報 採用情報 GLOBAL TOP サイト内検索
トップ  >  製品情報  >  合成紙について  >  合成紙とは
合成紙について
合成紙とは
合成紙はその開発の歴史的経緯から、多くは石油から作られる合成樹脂を主原料として製造されていますので、当然プラスチックフィルムに似た特性を持っていますが、外観は木材パルプから作られる一般の“紙”に非常に良く似ており、更には物性も“紙”に似た特性を兼ね備えたものが多くあります。

合成紙の定義は明確になっておりませんが、従来は一般的な理解として「合成樹脂を主原料として製造され、その特徴を残しつつ木材パルプを主原料とした“紙”の持つ種々の性質――特に白さや不透明性などの外観と広範な印刷・加工性能――を付与した製品」と言われていました。

しかし近年に登場した「合成紙」では上記の定義を超える商品があり、例えば一般の紙とプラスチックフィルムとを組み合わせた商品も印刷業界では「合成紙」と言われており、合成紙の定義は極めて曖昧になっています。従って、現在では合成紙と呼ぶよりも個々の商品名で理解するほうが一般的となっています。
製品情報
コーナートップへ
▲ TOPに戻る
プライバシーポリシー サイトポリシー 商標について サイトマップ
Copyright