ユポ・コーポレーション
English 中国語
企業情報 採用情報 GLOBAL TOP サイト内検索
トップ  >  印刷情報  >  トラブル事例と対策  >  静電気トラブル
トラブル事例と対策

静電気トラブル
 
静電気トラブルを防ぐには、雰囲気湿度が最も重要です。
(例えば給紙不良、紙の不揃い、ちりや紙粉の付着など。)
必ず印刷機周辺を50%RH以上に設定してください。
(冬場の暖房時は温度調整も同時に行ってください。)
除電器を併用する場合、イオン化エアーが効果的ですが、雰囲気湿度が40%RH以下では、十分には機能しません。
両面印刷の場合は、絵柄の軽い面を先に印刷してください。ユポ®の表面がインキで覆われるとインキが帯電します。
(印刷機の周囲が60%RH以上になるように加湿してください。)
乾燥促進のためにIRヒーターを使用すると、その雰囲気の湿度が大幅に低下します。そのため排紙が踊ったり、スプレーパウダーの異常パターンの発生、などのトラブルが起こりやすくなります。印刷機周辺を55%RH以上に設定してください。


印刷情報
コーナートップへ
▲ TOPに戻る
プライバシーポリシー サイトポリシー 商標について サイトマップ
Copyright