ユポ・コーポレーション
English 中国語
企業情報 採用情報 GLOBAL TOP サイト内検索
トップ  >  印刷情報  >  印刷方式別の留意点  >  オフセット印刷  >  湿し水
印刷方式別の留意点

オフセット印刷
印刷条件 湿し水 デリバリー条件 乾燥時間
湿し水
湿し水の調整
  ユポ®の印刷中はインキ乾燥不良トラブルを防ぐため、版が汚れるギリギリまで版面の水を少なくしてください。水温調整は、コート紙の印刷条件と同じにしてください。


ユポ®のオフセット印刷のキーポイントは、湿し水の制御です。ユポ®は、プラスチックフィルムで水を吸収しません。ですから、紙の印刷に適した湿し水の量では、ユポ®表面にも、版面にも水が余ってしまいます。ユポ®を印刷するには、紙の時の水の量よりも絞ることが必要です。

版面に与えられる水の量が少しでも多過ぎると、次の2つのトラブルが発生します。
(1) インキの転移不良(多色機の場合)
発生胴よりも前の胴(1胴目あるいは2胴目)の湿し水が多過ぎて、ユポ®の上に水が残るため、それより後の胴のインキを受け付けなくなるからです。
(2) インキの乾燥遅延
ユポ®の代わりに、ローラー上のインキが余分な水を吸収して、過乳化するからです。過乳化したインキの中の水は、蒸発するのに長時間が必要で、その間ドライヤーの働きを阻害するため、インキの乾燥が大幅に遅れます。また、裏付きを伴うことも多く、インキ密着・インキ皮膜強度も低下します。
 
対策
(1) ユポ®の印刷に適した湿し水を使うことが重要です。湿し水のメーカーと相談してください。
(2) 水を最小限にすること。特に、1胴・2胴目の水を、紙の条件の時よりも絞ることが重要です。少なくする目安としては、画線部の小文字がからむ、あるいは、咬えサイドに汚れが出る直前まで絞る必要があります。
(3) ベタ絵柄の焼き込み
上記(2)のトラブルは、文字・罫線だけといった、絵柄が少ないインキが、特に起こりやすくなります。例えば、版の余白部分にベタの帯を焼き込めば、ローラー上のインキをリフレッシュさせることができ、インキの過乳化の危険が減少します。


エッチ液
  メーカー指定に従って湿し水に「定量添加」してください。また、PH、電導度の値は原水によっても変わりますので、エッチ液添加量についてはエッチ液メーカーに必ず相談してください。

アルコール
  湿し水にアルコールの添加が可能なら、より容易に版面の水を少なくすることができます。

印刷情報
コーナートップへ
▲ TOPに戻る
プライバシーポリシー サイトポリシー 商標について サイトマップ
Copyright