ユポ・コーポレーション
English 中国語
企業情報 採用情報 GLOBAL TOP サイト内検索
トップ  >  印刷情報  >  印刷方式別の留意点  >  オフセット印刷  >  印刷条件
印刷方式別の留意点

オフセット印刷
印刷条件 湿し水 デリバリー条件 乾燥時間
グレード別適性
 
油性/UVオフセット印刷が可能な代表グレードは下記のとおりです。

  FEB FRB※2
FRR
FGS FPG TPRA BLR
BCR
KPK SGS※1
SGP
WKFS
油性 ○/× × ○/×
UV ×/× × × ×/×
  GAR※2 WMF※2 VAFW WSF※2 WCFA QJJ QTYR RMM IM-L※3
油性 ○/○ ○/× ○/○ (△)/×
UV ○/○ ×/× × ×/× ○/×

○: 適性がある。
△: 印刷条件、用途など限定すれば使用可能。
×: 使用不可能である。
※1: 粘着加工紙、印刷面(マット)の適性を示します。
※2: (表/裏)の適性を示します。
※3: 「IM-L」はITE105、IDS80、100、IHC75

その他のグレードについてはお問い合わせください。

印刷条件
版材
 
アルミ版(PS版)を使用してください。
CTP版も使用できます。
紙ベースの版は使用しないでください。


紙ベースやポリエステルベースの版材は、水を絞ることが難しくインキの過乳化を起こしやすいので使用しないでください。(使用する場合は、版材メーカーに相談してください)
CTP版はPS版に比べて保水性がやや低い傾向にあります。版を洗浄する際はガム引きをすることをおすすめします。


印圧設定
  規定通りの印圧を設定してください。規定通りの印圧でインキの転移が不十分な場合は、湿し水過多によるインキの過剰乳化になっている可能性があります。インキ状態が正常でかつ転移が不十分な場合には、印圧を若干上げてください。(紙厚に対して10%程度)

印刷情報
コーナートップへ
▲ TOPに戻る
プライバシーポリシー サイトポリシー 商標について サイトマップ
Copyright